SOILYE

045-123-4567

HOME > 住まいを守る技術力 > 地盤改良

地盤改良

RES-P工法

RES-P工法

軟弱な地盤中にパイプ状の細経鋼管を貫入し、パイプと地盤の複合作用によって、地盤の支持力増加と沈下低減を図る工法です。

小口径鋼管杭工法

小口径鋼管杭工法

軟弱な地盤中にパイプ状の細経鋼管を貫入して支持する工法(Σi工法・PPG工法・X-ile工法・ガイヤパイル工法・ウルトラパイル工法・ALKTOP工法)が使用できます。ガイヤパイル工法・ウルトラパイル工法・ALKTOP工法は大臣認定杭になります。

柱状改良 タイガーパイル工法(建築技術性能証明)

柱状改良 タイガーパイル工法(建築技術性能証明)

軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の場合に用いられる方法で、セメント系の固化材を混合攪拌することにより化学的に固化して土の中にコンクリートの柱を造る工法です。

表層改良

表層改良

軟弱な地盤とセメント系の固化材を混合撹拌して固化させることで、地盤の支持力増加と沈下低減を図る工法です。

S・P工法(建築技術性能証明)

S・P工法(建築技術性能証明)

従来の地盤改良工事では対応できない土地に適した浅層地盤改良工法。基礎の下にEPS(発泡スチロール)を埋め込んで、地盤の支持力増加と沈下低減を図ります。

PAGE TOP