SOILYE

045-123-4567

HOME > 住まいを守る技術力 > 地盤調査

地盤調査

地盤調査・標準貫入試験・平板載荷試験

地盤調査の目的は、土地の地盤が建造物を安全に支持できるかどうかを調べ、地盤改良や補強の有無を判定することです。また、調査によって地盤の強度が不足していた場合、安全に支持するための方法についても技術的に調べます。

一般的に地盤調査は、建設予定の住宅の四隅と中心点の土壌について、更地の状態で測定します。よって、建設予定の土地が更地でない場合(建て替えなど)、既存の建物を解体しなければ、地盤改良の有無を確実に判定できません。契約の際には、地盤改良が必要になることを見越して、資金計画を立てておくことが重要です。

地盤改良の工法は、地盤の性質や状態によって異なってきます。一般住宅の場合、主に「平面地盤改良(表層改良、RES-P工法など)」「柱状地盤改良」「銅管杭工法」の工法があり、それぞれ工事期間や費用も異なります。

地盤調査
地盤調査
標準貫入試験
標準陥入試験
平板載荷試験(※画像はマウスをのせると拡大します。)
平板載荷試験

PAGE TOP